ゆるりぐるりと物見遊山

あちこちを見物したり山野に遊びに行ったときのことを記録しています。

『南高梅』のもぎ取り&加工

f:id:hide_sophia:20150621133152j:plain

6月と言えば、梅の収穫の季節です。南高梅の産地として有名な和歌山県に行ってきました。梅雨と重なるこの時期は、天候と自分のスケジュールを調整するのが難しいけれど、無事に念願の梅狩りができました。

梅の心地よい香り、鳥の鳴き声に包まれながら梅をもぎ取るのは最高に気持ちが良かったです。収穫の様子と、その後の加工のプロセスまでざっと書いてみたよ。

目次

梅の基礎知識(品種・産地・収穫時期など)

収穫してきた梅は南高梅という品種で、和歌山県の代表的な品種であると同時に、日本で最も有名な梅でございます。粒が大きく皮が薄く果肉が肉厚で柔らかいので、梅酒や梅干しなど、何にでも使えますよ。

梅について全くの無知だったので、少し調べてみました。

梅の品種と特徴

南高(和歌山県)、収穫時期:6月上旬〜6月末

大梅。梅干し、梅酒、梅シロップなどなんでもいける万能梅。最もメジャーな梅。

古城(和歌山県)、収穫時期:6月上旬〜6月末

大梅。"青いダイヤ"と呼ばれ、梅酒やジュースに向いている(青梅だから)。

白加賀(群馬県)、収穫時期:6月上旬~6月中旬

大梅。梅酒やジュース向きの品種

竜峡小梅(長野県)、甲州小梅(山梨県)、収穫時期:5月中旬〜6月上旬

小梅。梅干しやカリカリ梅向きの品種。

 

品種は大梅と小梅の違いだけ把握しておけば、問題なく梅仕事ができると思います。収穫時期は大梅は6月上旬〜下旬、小梅は5月中旬〜6月上旬だけど、農家さんによっては、早めに収穫してしまう可能性もあるので、注意したいところ。

まぁ、これは一般的に言われていることだから、詳細は農家さんのホームページを見るのがイチバン良いです。

参 考

梅の実/ウメ/うめ:旬の果物百科
果物ナビ

実際に梅をもぎ取ってみました。

f:id:hide_sophia:20150704082821p:plain

梅をもぎ取る

 

梅のもぎ取り(動画ver)

 

梅の実は素手でもぎ取れるので、簡単に収穫できる。まぁ、高い場所だと木に登ったりしないとダメだけど。服装は、蚊が出たり、枝で引っかいたりすることもあるので長袖を着ていくのが理想的。農業では長袖は常識(私はミスって半袖)。

木になっている青色の梅(青梅)は梅酒に向いている。梅干しにする場合は、これを少し追熟(自宅で放置させると黄色っぽくなる)させると良い。

 

f:id:hide_sophia:20150621133419j:plain

雨が降ったりすると落ちてしまう

 

f:id:hide_sophia:20150621141139j:plain

4kg収穫

 

今年は4kgほど収穫してみました。これだけあれば僕がやりたい梅仕事(梅の加工)には十分なんじゃないでしょうか。もぎ取りは癖になる楽しさがあるから、取り過ぎに注意したいね。 

梅は加工しないと食べることができません。

https://instagram.com/p/4TVICCgYyW/

追熟させていい感じになった梅(from Instagram)

 

梅を生のまま食べると、毒性の成分が発生するので、食べるなら絶対に加工しないといけません(加工すると毒性が減る)。そして、梅の加工にはそれなりの日数がかかります。梅仕事は料理テクよりも根気を必要とする食材だと思いますね。

ちなみに、収穫した梅を使って、梅酒や梅干しなどをつくることを梅仕事といいます。

梅ジャム

f:id:hide_sophia:20150705105334p:plain

割と速攻で食べることができるのが梅ジャムです。パンに塗って食べてもいいけど、酸っぱいので個人的にはアイスクリームやヨーグルトなどの上に乗せて食べる方が合っている気がします。

梅シロップ

f:id:hide_sophia:20150804183829p:plain

梅シロップは簡単に作ることができます。ザックリ言えば、砂糖と梅を交互に瓶に詰めて冷暗所(気温が一定の日の当たらない場所)に置いておけば良いだけ。ただ、砂糖が溶けて梅のエキスが抽出されるまでに時間がかかります。

フォークや竹串でブスブスと梅に穴を作ったり、梅の皮を縞目にむくと砂糖がしみ込みやすくなり、比較的早く完成する(1週間程度で完成)んですけど、私は途中で力尽きたので、もう少し熟成期間を長くする道を選びました。

食べ方としては、炭酸水で割って飲んだらおいしい。

梅干し

f:id:hide_sophia:20150705113336j:plain

梅干しも時間がかかる梅仕事。梅雨明け後に天日干しをしてやっと完成。でも、腐らずにいつまでも食べることができるし、シソ漬けなら、シソをゆかりにしたり、残った赤梅酢で紅しょうがを作れたりと、更にいろんな料理に発展させることができます。

 

f:id:hide_sophia:20150804183949p:plain

こちらが天日干しの様子。しそ漬けからできた梅酢は紅しょうがに使えるので捨ててはダメだ。他にもドレッシングとして使うのも良い。

 

ホントは梅酒が一番メジャーな梅仕事なんだろうけど、僕はお酒が飲めないのでパスしました。梅酒を人生で一回も飲んだことない気がするなぁ。