ゆるりぐるりと物見遊山

あちこちを見物したり山野に遊びに行ったときのことを記録しています。

岩手県遠野市『カッパ淵』でカッパ釣り。

f:id:hide_sophia:20150725155434j:plain

しばしば、「探しものを見つけに行く」という目的で旅をすることがあります。それは日常では経験できない体験であったり、ときには自分だったりもします。

しかし、今回の旅の目的は自分探しではありません。カッパ探しでございます。カッパは生息が未確認。「いるのか、いないのか、わからない生き物を探す。」それが旅ってもんですよ。どうやらカッパは岩手県遠野市のカッパ淵というところにお住まいのようです。

目次

きゅうりと相撲が好きな妖怪『カッパ(河童)』

f:id:hide_sophia:20150725140802j:plain

遠野市は至るところにカッパのオブジェやイラストがあふれている

カッパ(河童)とは川や池、沼などに棲み、陸上も歩行する妖怪。妖怪とは「不可思議な力を持つ非日常的・非科学的な存在のこと」と定義されているようだ。しかし、カッパには未確認動物であるという考え方もある。

江戸時代の書記などでは目撃談が記されているっていうじゃないですか、ならば私が確かめてみようではないか。目撃したときに備え、カッパの特徴を調べました。

河童の特徴まとめ

全身 緑色または赤色。大きさは子どもくらい。
頭には皿がある。クチには短いくちばしがある。
好き キュウリ、魚、果物、水泳、相撲。
嫌い 鉄、鹿の角、猿。
性格 イタズラ好き。
でも、田植え、田の草取りの手伝いをしてくれる。

カッパといえば緑色の体で頭に皿があるという、イメージだけど赤色のカッパもいるらしい。あと、相撲が好きなんですね。私も相撲は好きだ。

いかにもカッパが出てきそうな雰囲気のカッパ淵

カッパ淵の入口にある寺『常堅寺』

f:id:hide_sophia:20150725151559j:plain

常堅寺の裏を流れる小川にある淵がカッパ淵

 

f:id:hide_sophia:20150725145228j:plain

 カッパ淵への道標

 

カッパ淵へ行くには、まずは常堅寺を目指します。遠野駅からバスで10分ほどのところに位置する常堅寺の裏を流れる小川にある淵がカッパ淵だ。

この旅行の詳しい様子は、
私の個人ブログに掲載しています。

この旅の様子をもっと読む ▶