読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりぐるりと物見遊山

あちこちを見物したり山野に遊びに行ったときのことを記録しています。

なんで中華街に?「ヨコハマおもしろ水族館」

f:id:hide_sophia:20160504111056j:plain

先月横浜に帰省したときに、横浜中華街に行ったんだけど、そこに「ヨコハマおもしろ水族館」というところがあったので立ち寄ってみました。ひっそりと佇んでいてサブカルっぽくて入るのは躊躇するけれど、入ってみると居心地が良かったりするところは多くてここもそんな感じだった。横浜中華街の年間の観光客数はUSJより多いみたいですが、「おもしろ水族館」も人気があるんでしょうか。

「ヨコハマおもしろ水族館」は「小さな小さな中国南の島の小学校をモチーフにした水族館」のようで、下駄箱や校舎などのレイアウトの水槽に魚が泳いでいるチョット変わった水族館。魚を追求するというか、もっと身近に魚を感じてみてもいいんじゃない?という感じの水族館だ。

f:id:hide_sophia:20160504102807j:plain

寿司屋のレイアウト

泳いでいる魚も寿司屋のネタにある魚であったり、メダカや金魚などテレビや本でも見かけたり、名前くらいは聞いたことがある魚が多い。新たな発見が得られるのは嬉しいけれど、ある程度は知っているものを見たいじゃないですか。

f:id:hide_sophia:20160504103005j:plain

うつぼの迫力

ビルのワンフロアということで、館内はそんなに広くないんだけど2時間くらいいたかな。それにしても、動植物鑑賞にどっぷり浸かってしまったもんだ。昔は動いていても大きくても、見た目が気持ち悪くても、スグに関心がなくなったのに、まったく動かなくてもずっと見ていられるレベルにまでなってしまいました。人生わからないものだ。

f:id:hide_sophia:20160504110204j:plain

メダカの学校