読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりぐるりと物見遊山

あちこちを見物したり山野に遊びに行ったときのことを記録しています。

平等院と日本茶の町、宇治

f:id:hide_sophia:20160618121913j:plain

京都は宇治市に行ってまいりました。宇治といえば宇治茶というイメージがあるから茶畑が維持できそうな「すこし都心部から離れたとこにあるのかなぁ」と思っていたんだけど、京都の市街地から電車で20分程度で行けるんですね(茶畑はもっと遠いですが)。

宇治は観光地としてはぼく好みの町だった。1日いれば十分に楽しめるサイズ感の町がいい。大都市は観光スポットが密集しているからお得感があるけれど、すべてを十分に堪能できなくて心残りしてしまうことも多いからだ。

メジャーでもなくマイナーでもない。このいい塩梅の大きさの町(コンパクトシティーなんて味気ない言い方は嫌いだ。)を探すのがけっこう難しいのよね。倉敷とかいいですね(岡山県倉敷市 歴史とロマンと現代が交錯する町 | ゆるりぐるりと物見遊山)。

f:id:hide_sophia:20160618120819j:plain

京阪かっこいい

宇治の見どころは、宇治茶と世界遺産にもなっている平等院のふたつ。でも、ワタクシ平等院が世界遺産になっていることも、宇治にあることも知らなかったのね。そもそも、世界遺産ってなんなのかもよくわからない。文化に関しては特に知識が疎くて悲しくなってしまいます。30過ぎてコレで大丈夫なのかねー

f:id:hide_sophia:20160618140526j:plain

逆光になっちゃった

平等院は十円玉にデザインされているくらいだから、実物を見たときはそれなりに思うところがあったけれど、歴史に疎いので「おぉこれか」程度しか感情がわかないの。悲しいです。

後出しだけど調べました。平等院は、もともとは藤原道長の別業(別荘)だったんだけど、それを譲り受けた藤原頼通が1052年仏寺に改めたそうですよ。

f:id:hide_sophia:20160618142321j:plain

2014年に屋根の葺き替え・柱などの塗り直しがあったためキレイ

個人的にはその周りにいけられている蓮が気になった。蓮は7月上旬から下旬にかけて咲く花だ。少し訪れるのが早かったけれど、花を咲かせているものもあった。蓮のあの大きな葉っぱは見応えがありますよ。トトロが傘代わりにもってるやつです(たぶん)。

 

来週くらいが全盛だとおもう #蓮 #trip #travel #tourist #旅行 #観光 #kyoto

Hidehiro Kohnoさん(@hidehiro_kohno)が投稿した写真 -

んで、平等院を観覧後は宇治で最も有名なお茶屋さんのひとつ、中村藤吉にてお茶を堪能。90分待ったけど(その間に平等院を見てたよ)。宇治きんぜんざいと冷茶をいただきました。ちょうど川を見渡せる席に案内してもらってのんびりとお茶を堪能しましたよ(宇治満喫!「中村藤吉」の「宇治きん冷しぜんざい」 | まんぷく)。

f:id:hide_sophia:20160618153822j:plain

超ボリューミー

お腹も膨れたし、いい旅だった。だいたい5時間くらいいたかな。あ、そうそう、宇治川も良かったね。

 

川 #travel #trip #tourism #観光 #旅 #旅行#kyoto

Hidehiro Kohnoさん(@hidehiro_kohno)が投稿した写真 -