ゆるりぐるりと物見遊山

あちこちを見物したり山野に遊びに行ったときのことを記録しています。

機関車庫に巨大ジオラマ、そして駅弁も食べられる、京都鉄道博物館

f:id:hide_sophia:20160903135108j:plain

関西地方の2016年のGWの話題を総なめにした京都鉄道博物館のリニューアルオープンに、鉄道好きのぼくとしても高揚した気持ちを抑えるのに大変だったが、ほとぼりが冷めてジックリ見学できる時期を待っていた。

オープンして約半年、そろそろではなかろうかと言うわけで京都鉄道博物館に行ってきました。本物の車体にジオラマ、駅弁に車庫まで見どころたくさんですよ。京都駅から徒歩15分程度という駅チカなのもグッドやで。混雑具合も少し人が多いなぁ、というくらいでジックリ見学できました。

f:id:hide_sophia:20160903124402j:plain

館内は広々としたつくり

京都鉄道博物館は交通科学博物館の収蔵物の一部と梅小路蒸気機関車館を拡張・リニューアルした博物館。

あまり鉄道に関心がない人にはイメージがわかないかもしれないけれど、鉄道好きといっても担当範囲は人それぞれだ。ぼくは路線図を眺めて効率的なルートを探るのが好きだ。

f:id:hide_sophia:20160903104725j:plain

これを見るのが好きなのだ

他にも車両の写真撮影を楽しむ人や、駅弁マニア、エンジンマニアなんて人もいる。京都鉄道博物館は、それらすべてを網羅できる。

f:id:hide_sophia:20160903110050j:plain

つり革も様々

梅小路蒸気機関車館

f:id:hide_sophia:20160903134941j:plain

トーマス感!

京都鉄道博物館といえば、やっぱりメインは梅小路蒸気機関車館やね。見なさいよ、トーマスを彷彿とさせる機関車のラインナップを。機関車といえば岩手県花巻市から乗ったSL銀河を思い出すなぁ。

それにしてもこの日は暑かったな。秋用のズボンを履いてしまったのは計算ミスや。

鉄道ジオラマ

f:id:hide_sophia:20160903103930j:plain

家に持っていきたい!

ぼくは鉄道の中でも車両そのものよりもジオラマになっているほうが好みだ。京都鉄道博物館には、巨大なジオラマがあって定刻になると係員の人が操作してくれます。

ストーリー仕立ててジオラマが動き出すファンタジーのような運転も見れるんだけど、これがまた堪らないのよね。鉄道模型は動かないとなぁ。

ジオラマ見てたら、後にいたオジサンが「このジオラマに囲まれてビール飲みたいなぁ」って言ってたけれど、その気持ちはよくわかる。ご飯が食べられるんだよ、ジオラマってのは。

 

ジオラマが電車でGO!みたいになってる #ジオラマ #train #railway #railways_of_our_world #trip #鉄道

Hidehiro Kohnoさん(@hidehiro_kohno)が投稿した写真 -

んで、そんなジオラマを電車でGO!チックに操縦できたりもしちゃうんだよね。子どもたちに紛れて全力運転しちゃいやしたよ。年齢や性別で区別しないからね、ワタシは。

ランチは駅弁

f:id:hide_sophia:20160903115017j:plain

SL弁当をチョイス

鉄道でランチといえば、やっぱり駅弁でしょう。弁当は売り切れちゃうこともあるみたいだからオープンと同時に買いました。だから午前中は持ち運びながらの見学よ。それくらいの気合いはデフォでしょう。

f:id:hide_sophia:20160903115107j:plain

黒がベースですか!

SL弁当にしましたよ。まさかの黒ベース。グルメに黒を使うなんて攻めてますよね。早めに食べたほうがいいよ。研修会場のようなホールで食べましたが、食堂車で食べることも可能です

入場してすぐに伝説の車両

f:id:hide_sophia:20160903123548j:plain

東海道&新幹線

鉄道博物館といえば本物の車両を見学できるんだけど、意外と魅力がわからないのだ。現役はなかなか展示されないので、乗ったことがない車両を見てもいまひとつピンとこないこともあるんだよね。ワタシもその一人。でもまぁ、初期の新幹線を見たときは懐かしさがこみ上げたよ。あまり記憶ないけれど。

おわりに

てなわけで、大満足の京都鉄道博物館でした。次はリニア博物館に行きたいなぁ。