読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ゆるりぐるりと物見遊山

あちこちを見物したり山野に遊びに行ったときのことを記録しています。

情緒ある町並みと鯉『飛騨古川』

f:id:hide_sophia:20170502104035j:plain

毎年恒例になりつつある誕生日旅行。35歳になる今年は岐阜県の飛騨高山地方に行ってきた。名古屋に住んで最初の観光ということもあって旅先は東海地方をチョイス。それにしても岐阜県は広いなぁ。電車で2時間半もかかりましたよ。

川のせせらぎを聞きながら白壁土蔵街を散歩

白壁土蔵街

瀬戸川沿いを歩く

古川町はこじんまりと落ち着いた町でコンビニもなくとても静かな町並みだった。駅から少し歩いたところにある「瀬戸川と白壁土蔵街」は情緒あふれる町並みで歩いていて心地よかった。

1,000匹の鯉

一生分の数を見た気がする

「瀬戸川と白壁土蔵街」の見どころは鯉の多さだった。瀬戸川の用水をキレイにする目的で鯉が放流されたようです。その数は1,000匹にも及ぶそうで、そんなに放たなくても良いだろうに。ぼくは鯉が好きなので歓迎なんだけども

「君の名は」の聖地巡礼

あと、これは狙ってなかったんですが飛騨古川って『君の名は』のヒロイン三葉の故郷の舞台となった場所なんですね。映画を見ておいて良かった。

旅先が自分の知識や経験とシンクロしたときって教養が深まった気がして旅行をしてよかったなぁって気分になるよね。

壱之町珈琲店でほっと一息

壱之町珈琲店−外観

良い門構え

んで、コーヒーブレイク。カフェはけっこうある。さすが東海地方。喫茶店文化や。

隣にいたお客さんが、おそらくひとり旅で来たであろう渋みのあるダンディーなオジサンで、ひとりでビールを飲みながらメモを取っている姿がむちゃカッコよかった。

壱之町珈琲店−お楽しみプレート

旅先の珈琲は絶品

飛騨料理と風呂つきの部屋で宿泊

誕生日はいつも豪華な部屋を用意して祝ってもらってるんです。今年はなんと部屋に露天風呂があるという。どうもありがとう!

これ以上の幸せをどうやって探せばいいんだろう。

飛騨古川

飛騨市公式観光サイト「飛騨の旅」